イタリアへ!ジェノヴァの広間と路地裏

さて、ガレージから大通りを歩くと、町の中心であるフェッラーリ広場に

出ました。



ジェノヴァ・フェッラリ広場

ドゥカーレ宮殿、カルロ・フェリーチェ劇場や教会など、周囲を取り囲む重厚

な建築物、ブロンズの大きな噴水、広場を覆う青い空、全てがダイナミック!



ジェノヴァ・フェッラーリ広場

街頭を飾るのは、ストリートアート。

歴史ある古きものと新しい発想の融合、イタリアのこういうのが好きです。



ジェノヴァ・ドゥカーレ宮殿

広場に面して建つドゥカーレ宮殿は、ジェノヴァ共和国の宮殿であり、ドー

ジェの住まいにもなりました。現在は文化の発信地として、展覧会や様々な

催しが開催されています。



ジェノヴァ・ドゥカーレ宮殿

我々が訪れた時は、ROBERTO CAPAの写真展が開催されていました。

写真は、ポエタ(詩)のコンテストの最中。発表者が詩を朗読しては、拍

手が起こります。イタリアでは、詩が割と日常に身近なイメージがあります。



ジェノヴァ建築

ジェノヴァの旧市街を歩くと、こうして独特の縞模様の建築物に出会います。



ジェノヴァ・サン・ドナート教会

このサン・ドナート教会も同じく白と緑の大理石の縞模様。



ジェノヴァの路地裏歩き

イタリアで暮らした時と、そしてこの数年イタリアを訪れる際、私と週末の

休暇を一緒に過ごしてくださるご夫妻。ご主人には有給休暇を使って、車を

出していろいろな所へ連れて行って頂きました。そして今回も、週末旅行に

付き合うよと言って下さったので、是非ジェノヴァへ!とリクエスト。



ジェノヴァの路地裏歩き

以前から訪れてみたかったジェノヴァですが、どうしても港町の混沌とした、

荒々しいイメージがあり、一人旅では足が向かず。ジェノヴァが好きと仰る

お二人とこうしてご一緒できて良かった!!色々な町を一人で旅しましたが、

ジェノヴァでは、晴天でもこうしてわずかに空を望む路地を歩いていると、

少し恐くなるのです。





ランキング参加中。応援クリック頂けると嬉しいです!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へblogram投票ボタン



イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNA

イタリアへ!ジェノヴァ到着

ラ・スペツィアで魚介の昼食を堪能した後、再び高速道路に乗り、リグー

リアの次なる地ジェノヴァへと向かいます。



GENOVA HOTEL MODERNO VERDI

気温が上がるお昼過ぎ、到着したのはジェノヴァ・ブリニョーレ駅前に建

つ4ツ星ホテルです。近頃安宿が当たり前になってきたので、ちょっと嬉

しい。



  HOTEL MODERNO VERDI

     Piazza Giuseppe Verdi 5



GENOVA HOTEL MODERNO VERDI

不思議な自動ドアのエントランスを抜けると、アンティークな雰囲気の

小さなフロントがあります。



GENOVA HOTEL MODERNO VERDI

駅前ですが、宿泊したお部屋はとても静かで、水周りもなかなか綺麗。

4ツ星ですがバスタブは無し。夏なので、全く気になりませんでしたが。

向かいのお部屋のご夫婦と『1時間後にね〜』と。さっとシャワーを浴び

てリフレッシュ。



GENOVA

それでは、ジェノヴァの街へ!

車に乗って、駐車代の高〜いジェノヴァで、まずはガレージ探し。

チェントロに近い市営ガレージにに止めて、街歩き!

イタリアの、特に大きな町の市街を訪れて驚くのは、中央郵便局の立派な

こと。歴史的建造物を利用していて、とっても重厚。ジェノヴァもしかり。



GENOVA

もっと驚いたのは、このMOTOの数。広場を埋めつくすように駐車されたバ

イク!!坂の町ジェノバならでは?でも今まで訪れた坂の町でも、見たこ

とがない規模。



ジェノヴァ・コロンブスの生家

コロンブスの生家。

私にとってジェノヴァといえばコロンブス、ではなくマルコです。

『母を訪ねて三千里』、タイムリーな年代ではないけれど、マルコの一途

な思いに涙せずにはいられません。でも今回のジェノヴァでマルコの面影

に出会うことはなかったかなぁ(当たり前か!?)



ジェノヴァ

ほとんど予備知識なしでやってきたジェノヴァ。どんな出会いがあるか

楽しみです。



ランキング参加中。応援クリック頂けると嬉しいです!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へblogram投票ボタン



イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNA

イタリアへ!ラ・スペツィアの絶品オステリア

12時15分のランチまで、まだもう少し。最初に誘われたフリットの香りの

元はどこかと探したり、町のメインストリートをぐるりと歩いて待ちます。



La Spezia Osteria All'inferno

さて12時も過ぎたし、そろそろいい頃。市場のあるPiazza Cavour真横の、

ご夫妻お薦めのオステリアへ。



  Osteria All'inferno

    Via Lorenzo Costa, 3



La Spezia Osteria All'inferno

All'infernoの店名通り、地下へともぐるこのお店。1905年創業のカジュ

アルで活気のある、素敵なオステリアです。一番乗りの私達、席に着き、

オーダーを待ちます。



La Spezia Osteria All'inferno

ほどなくすると、まだ若い感じの良いお兄さんがやって来て、それではい

くよ、といった感じで本日のメニューをスラスラと話し始めます。

そう、時々こういった紙のメニューがないお店に出会いますが、この時の

イタリア語への集中力は、自分でも一番だと思う。



La Spezia Osteria All'inferno

ということで、迷わず選んだのがエビのペンネ。エビの香り、うまみが

たーっぷりの最高に美味しいペンネ。これを食べにまたラ・スペツィア

へ行きたい!!



La Spezia Osteria All'inferno

ご夫妻のプリモは、ペーストのタリオリーニです。ジェノヴェーゼの名で

知られる、バジリコや松の実を使ったペーストは、この辺りの名物。一口

味見をしたら、これもガツンとくるくらい美味しくって!!素材の新鮮さ、

たっぷりの美味しいオリーヴオイルが、シンプルなこのパスタの要ですね。



La Spezia Osteria All'inferno

私と奥様で分けて食べたのが、イワシの香草焼き。イワシはいくら食べて

も飽きません。こちらも新鮮で美味しかった〜♪



La Spezia Osteria All'inferno

店内奥には、海軍兵のグループが食事中。真っ白なセーラーを着た、まだ

少年のような水兵さんたち。この町ならではの風景ですね。



ランキング参加中。応援クリック頂けると嬉しいです!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へblogram投票ボタン



ショップは毎日元気に営業中!ご来店お待ちしております♪

イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNA

イタリアへ!ラ・スペツィアの市場を歩く

ラ・スペツィアでガレージに駐車して、町歩き。昼食はここでとる予定で

す。お目当てのトラットリアに予約を入れると、12時15分からのスタート。

この15分てなんだ?といいながら、それまで時間をつぶすことに。この日

は、町の中心部にたっくさんの露天が並び、人出も多く、『荷物に気をつ

けて』と言われ、気を引き締めます。既に何度か訪れているお二人に、大

きな市場があると聞いていたので、楽しみ♪



ラ スペツィア(リグーリア)

香ばしいフリットと磯の香りが漂う方向へ歩くと、そこは市場。波をイメ

ージしたような天井を持つ大きな市場には、たくさんのお店が並び、活気

のある雰囲気にワクワク。



ラ・スペツィアの市場

日本でも時々市場へ行きますが、かごに入れて分けられ、きれいに袋詰め

され並べられた姿には、これほどワクワクしません。

日本では見たことがない野菜や果物、魚介がいっぱいなのも、ワクワクの

元。この平ぺったい桃は、イタリアではメジャーなようです。



ラ・スペツィアの市場

海辺の町なので、魚介が豊富。ここはバッカラ(鱈)を売るワゴン。

ぶら下げられたBaccala stoccafisso(干しダラ)が目印。



ラ・スペツィアの市場

こちらはBaccala salato(塩漬けダラ)。どうやって食べるのかな?

とっても美味しそうです。



ラ・スペツィアの市場

ちょっと季節はずれ?のフンギ。グリルにして食べたい!!!



ラ・スペツィアの市場

ラ・スペツィアのムール貝。Muscolo(筋肉)?と思いましたが、ムール

貝の意もありました。



ラ・スペツィアの市場

このたくさんの貝類を売るお店は、料理の写真も飾っていて親切。最近は

お肉より魚に嗜好が移りつつあるので、余計に興味深々。



こぎれいな食品店に入ると、美味しそうなオリーヴオイルがあり、今回の

旅では絶対リグーリアのオイルを買おうと思っていたので、ここで買うか

迷ってご主人に相談。でもこれから暑い中、車で移動するので、もう少し

後にしたらと。確かにその通り、ジェノバで探すとしましょう。

それにしてもお腹がすいた!!昼食が待ちきれないです。





ランキング参加中。応援クリック頂けると嬉しいです!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へblogram投票ボタン



イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNA

イタリアへ!初のリグーリア旅行

今回のイタリア行きのメインは、リグーリア州を旅すること!

金曜日の朝早くにボローニャを出発して、週末をリグーリアで過ごします。



ラ スペツィア(リグーリア)

まずボローニャから、ラ・スペツィアへ。ここはリグーリアへの入り口。

チンクエ・テッレ、ジェノヴァへ向かうスタート地点となります。

高速道路で北西のパルマへ上り、そこから南西に下ります。真っ直ぐ西に

走れたら近いのになぁと思いますが、地図を見るとアペニン山脈が立ちは

だかっているのが分かりました。なので、少し遠回りになるのですね。



ラ・スペツィアの地図

さて、La Spezia(ラ・スペツィア)の町に到着です。

地図の通り、ラ・スペツィアは大きな湾に沿って形成され、イタリア海軍

の軍港であり、アルセナーレ(造船所)がある大きな町です。



ラ スペツィア(リグーリア)

ストライプのテントがかわいい、海辺の町独特の雰囲気が漂う町並み。



ラ スペツィア(リグーリア)

街路樹がきれいに刈り込まれているのが、なんだか面白くて1枚。



ラ スペツィア(リグーリア)

よく見てみると、オレンジの街路樹でした。



ラ スペツィア(リグーリア)

今回の旅で時々目にしたのが、このBAU BAU BAR。ワンちゃんのための

水のみ場です。これは簡易タイプですが、きれいな小屋を作って、陽を

凌げるようになったBARもありました。陽射しの強いイタリア、ワンちゃ

んも熱中症に要注意!動物に優しいのは嬉しいですね。



ラ スペツィア(リグーリア)

陽が昇るにつれ、気温はグングン上がって行きます。人間も早々に水分補

給。BARで冷た〜いCAFFE` SHAKERATO(カフェ・シェケラート)を注

文し、ご主人は、新聞でカルチョのチェック。そう、今回の旅は丁度ワー

ルドカップが始まった時期なのでした。





ランキング参加中。応援クリック頂けると嬉しいです!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へblogram投票ボタン人気ブログランキングへ



ショップは毎日元気に営業中!ご来店お待ちしております♪

イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNA

<< | 2/6PAGES | >>


LOGO_GATTOELUNAの.jpg

2015年10月、大阪府豊中市ロマンチック街道沿
大阪府豊中市向丘3-11-49に
イタリアンカフェ&セレクトショップ
   Nostalgia dell'Italia
      (ノスタルジア・デッリタリア)
をオープン致しました。
イタリア輸入雑貨やジュエリー、絵本等の他にも
イタリアンカフェ&ランチをご用意致します。
是非お立ち寄り下さいませ。イタリア文庫併設♪

イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNA
オンラインショップBELLADONNAでも、皆様のご来店をお待ち申し上げております♪

AVANTI.JPG
イタリアで暮らすように旅したいを実現。
好奇心いっぱいのイタリア生活を綴ります。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode