『ザ・コレクション・ヴィンタートゥール』兵庫県立美術館

急に気温が下がった今日、冷たい浜風を浴びつつ神戸に行ってまいりました。



『ザ・コレクション・ヴィンタートゥール』兵庫県立美術館

会期 2010年10月21日〜2010年12月26日



ヴィンタートゥール美術館、今回初めて知ったスイスの小都市にある、この美術館が誇るコレクションが、神戸にやってきました。西洋近現代の絵画を集めたこの美術館からの作品全てが、日本初公開という貴重な美術展です。



『朝日を浴びるモレ教会』アルフレッド・シスレー

第1章、ドラクロワから印象派まで。

私はこの時代の絵画には通じていないけれど、やはり名前を聞けばおっと思う画家ばかり。まずは印象派から、ドラクロワ、カミーユ・コロー、モネ。この辺りの絵はあまりピンときませんでしたが、フライヤーを観て楽しみにしていたアルフレッド・シスレー『朝日を浴びるモレ教会』は見事でした。抜けるような青空、朝日を浴びて輝く教会のあたたかい姿、その絶妙な構図。久々に自室に飾りたくなった一枚。



ポール・ゴーギャン『3頭の雄牛』

第2章、印象派以降の時代。

ここでは、ポール・ゴーギャン『3頭の雄牛』が印象に残ります。

彼の絵を観るといつも思うのですが、いまにも土や花、緑の香りが漂ってくるようです。この絵も燃え立つようにうごめく緑濃い木々が美しく、牛のいるのんびりとした私の憧れる風景です。



そして、フライヤーのフィンセント・ファン・ゴッホ『郵便配達人ジョゼフ・ルーラン』。この描写、この色彩感覚。今更ですが、やはりゴッホは只者ではない。ポスターにふさわしく簡潔かつ大胆な作品。



第3章、ドイツとスイスの近代絵画。

昔展覧会でまとめて観たことのあるスイスの国民的画家アルベール・アンカーの『コーヒーとコニャック』の静物画が美しい。すっきりとまとまったその写実的な作品には、彼の持つ品が如実に現れ、キリっと輝いていました。



第4章、ナビ派から20世紀へ。

モーリス・ドニ『エヴァ・ムリエの肖像』は、暗い色調ながらもどことなく温かみを感じます。モデルの彼女のどことなく日本人的な顔立ちと、品良く構える佇まいが親しみを感じる絵。



モーリス・ユトリロ『ポントワーズのノートル・ダム教会』

そして、モーリス・ユトリロ『ポントワーズのノートル・ダム教会』

元々好きな彼の作品の中でも、今回の絵は特に好きです。平凡な風景の中に、陰と陽が混じり合い、美しいとも悲しいとも感じさせるその非凡な表現力は見事の一言。



フェリックス・ヴァロットン『浴女のいる風景』

今回初めて観る画家、フェリックス・ヴァロットンの『浴女のいる風景』。彼はスイスの画家でナビ派の一員だそうですが、その独特な表現はかなり面白い。彼の手法を“即物的”という言葉で表現していたのが印象的でしたが、感覚的に妙に納得した一言でした。色使いが美しく、上手く言えませんが、質感というよりも、そのものの存在を強く押し出した絵に、かなり惹かれました。



アンリ・ルソー『赤ん坊へのお祝い』

そして、展覧会は20世紀の表現主義やキュビズムへと続きます。

アンリ・ルソー『赤ん坊へのお祝い』。インパクト大のこの赤ん坊!描いたルソーはたいした画家です。



スイスの小さな町の美術館からやってきたこれら作品たち。なかなか今後お目にかかれそうにありませんから、この貴重な機会に訪れることができて幸いでした。





応援いただけると更に幸せ!ポチっとお願いしまーす。



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ人気ブログランキングへ





イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNAイタリアンジュエリーとイタリア雑貨のセレクトショップBELLADONNA

コメント
BB様へ

古典ばかりみていると、こういう絵は時に新鮮に感じますね。初めて観る画家の作品もいくつかあって楽しかったです。
ルソーもまとめて観てみたい画家です。関東は展覧会も充実していますね。また近いうちに東京美術巡りしなくては!
BB様、何かとお忙しい時期と思いますので、どうぞお疲れ出ませんように、来年の訪伊に向けて、温存なさってくださいませませ!
  • Ayumi
  • 2010/11/20 12:40 AM
こう言う展覧会もホッとしますね。
アンリー・ルソー展覧会。箱根のポーラ美術館で開催していますね。
ゆっくりしたいわ〜〜。チョットお疲れのBBだすワンワンワン。
  • BB
  • 2010/11/19 6:29 PM
コメントする








   


LOGO_GATTOELUNAの.jpg

2015年10月、大阪府豊中市ロマンチック街道沿
大阪府豊中市向丘3-11-49に
イタリアンカフェ&セレクトショップ
   Nostalgia dell'Italia
      (ノスタルジア・デッリタリア)
をオープン致しました。
イタリア輸入雑貨やジュエリー、絵本等の他にも
イタリアンカフェ&ランチをご用意致します。
是非お立ち寄り下さいませ。イタリア文庫併設♪

イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNA
オンラインショップBELLADONNAでも、皆様のご来店をお待ち申し上げております♪

AVANTI.JPG
イタリアで暮らすように旅したいを実現。
好奇心いっぱいのイタリア生活を綴ります。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode