ローマ劇場〜サン・フランチェスコ・ア・リーパ教会

さぁ、新しい月が始まります。

10月は割ときっちりと休みが取れて、週一ペースで美術館に行き、旅行もできたし、プライベートはかなり充実しました。それ以外のアレやコレやは全てリセットして、11月は勢いに乗って新しいことにチャレンジしたり、あるいは心のおもむくままに自由に過ごしたい。



さて、私のローマ美術巡り、“ローマ劇場”もサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会を出てから、長いあいだ足踏み状態でした。他に書きたいイタリアの町もあることだし、ここらで一気にローマを仕上げてしまおうと思います。



朝日を浴びて神々しく輝くサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会を出て、ぼちぼちと目覚め始める下町の風景を眺め、お店を覗いたりしながらサン・フランチェスコ・ア・リーパ教会へ。



サン・フランチェスコ・ア・リーパ教会ファサード

やさしいオレンジ色のファサードは、まだ比較的新しい印象を受けます。この教会の名の由来は、元々ここにあった礼拝堂にアッシジの聖フランチェスコが宿泊したことによります。その礼拝堂が教会に改築されたのが1231年で、17世紀後半に再建されたのが、現在のサン・フランチェスコ・ア・リーパ教会。



サン・フランチェスコ・ア・リーパ教会 礼拝堂

中に入ってみると、すっきりとしたシンプルな装飾の教会...と思ったのは一瞬で、各礼拝堂はやはりバロック的装飾に満ちていました。色大理石の柱や装飾は、どうしたらこんなに美しいマーブル模様がでるのか、と驚くほど豪華絢爛。



サン・フランチェスコ・ア・リーパ教会 アルティエーリ礼拝堂

この教会には、バロックの天才ジャン・ロレンツォ・ベルニーニが晩年に表した『福者ルドヴィーカ・アルベルトーニ』が納められています。このルドヴィーカという女性は、1503年にローマで亡くなりました。その時、財産のすべてを貧しい人々に分け与えたことで、福者に列せられたのです。そして、彼女の彫刻をベルニーニに注文したのは、彼女の親類であった枢機卿パルッツィ・デッリ・アルベルトーニという人物。彼の婚姻後の姓から、ベルニーニの彫刻がある礼拝堂はアルティエーリ礼拝堂と呼ばれています。



サン・フランチェスコ・ア・リーパ教会『福者ルドヴィーカ・アルベルトーニ』

窓際の寝台に横たわるルドヴィーカに死が訪れ、その瞬間を天使達が見つめています。苦悶とも恍惚ともとれる表情、苦しみに乱れる衣服、ベルニーニの比類ない技が惜しみなく発揮された傑作です。この彫刻が完成したとき、ベルニーニは76歳、天性の才能は生涯衰えることがなかったようです。それにしも、ベルニーニは見せ方が本当に上手い。彫刻家としてはもちろん、演出家としても天才です。



そしてリーパ教会を後にし、次なる教会でさらに驚く彫刻に出会うこととなります。





にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ人気ブログランキングへ





イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNAイタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ

コメント
BB様、こんばんは!

ベルニーニの彫刻は、本当になんとういうか派手ですよね。肌や衣装は、仰るとおり大理石で作られれたとは思えない滑らかさで。
JJ様とBB様の、次回訪伊はローマへも?わぁ!いいないいな。ローマは本当に何度行っても、何度も行きたい場所です。この教会へも是非いらして下さいませ!


合宿!!なんだか楽しそうですが、フルート一色の時間だったでしょうか。緊張の瞬間までいよいよあと2ヶ月ですね。陰ながら応援しておりま〜す!


いづつや様、こんばんは!

こういう見事な作品に触れられるのは本当に幸せです。
そして、わたくしもいづつや様のご意見に賛成で、
キリスト教徒のみならず、観る人を感動させずにはおかないミケランジェロのピエタ。これを越える彫刻はまだ知りません。
でも、次の教会では、それとはまた違った感動を覚える彫刻に出会えました。全くイタリアは行くたびに新しい感動を与えてくれる所ですね。
  • Ayumi
  • 2010/11/04 1:08 AM
こんばんは。
この教会にあるベルニーニの晩年の傑作‘福者ルド
ヴィーカ’をみれたのは一生の思い出です。

おっしゃるようにベルニーニは像のまわりも装飾し
てとてもうまくみせてますね。これほど感激する
大理石彫刻はミケランジェロの‘ピエタ’のほかに
はありませんね。
10月は、本当にリフレッシュの月だったのですね。

先日、「美の巨人」でこの作品をやっていました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/data/100918/

この作品の衣装の襞が とても大理石で出来ているとは思えませんよね。
次回ローマに行ったら、是非に訪れたい教会の一つです。
『次なる驚く彫刻のある教会』どこでしょうか?(ドキドキ)楽しみにしています。

BB達も来年の一月の定演に向けて、いよいよの厳しい練習になってきました。ハロウィーンの前日の一泊は、充実した、楽しい、しかし凹んだ合宿をしてきました。
元気で過ごせる事に,感謝です〜!
  • BB
  • 2010/11/01 7:59 PM
コメントする








   


LOGO_GATTOELUNAの.jpg

2015年10月、大阪府豊中市ロマンチック街道沿
大阪府豊中市向丘3-11-49に
イタリアンカフェ&セレクトショップ
   Nostalgia dell'Italia
      (ノスタルジア・デッリタリア)
をオープン致しました。
イタリア輸入雑貨やジュエリー、絵本等の他にも
イタリアンカフェ&ランチをご用意致します。
是非お立ち寄り下さいませ。イタリア文庫併設♪

イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNA
オンラインショップBELLADONNAでも、皆様のご来店をお待ち申し上げております♪

AVANTI.JPG
イタリアで暮らすように旅したいを実現。
好奇心いっぱいのイタリア生活を綴ります。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode