ローマ劇場〜サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会

ナヴォーナ広場の東側、程近いところにあるサン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会

興味深い彫刻で飾られた、時代の厚みを感じるファサードはジャコモ・デッラ・ポルタの手によるもの。そして、その名の通りフランスの守護聖人サン・ルイに捧げられた教会です。



ローマ サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会

外観の重苦しさとは逆に、三廊式の内部は光をたっぷりと取り込み、色大理石とストゥッコ装飾をふんだんに用いた豪華なバロック様式。その絢爛な装飾の中で、落ち着いた趣の木製の説教壇が印象的です。



ローマ サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会

1589年に完成したこの教会には、訪れる人が必ず足を向けずにいられない場所があります。中に入るなり目指すは、教会左手奥にあるコンタレッリ礼拝堂。ここでコインを入れ、照明を点けると現れるのがカラヴァッジョの聖マタイの物語を描いた傑作、『聖マタイの召命』・『聖マタイと天使』・『聖マタイの殉教』



ローマ サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会



『聖マタイのお召し』、いったいどの人物が聖マタイかと、今なお意見が分かれるところ。やはり画面左手のうつむいてお金を数える若者以外には考えられない、というのが私の印象。

カラヴァッジョの緊張感溢れる明暗技法でスポットライトを浴びた登場人物たち、そこに教会の窓から差し込む現実の光が重なり、絵はさらにドラマティックに。



『聖マタイの殉教』、この騒然とした悲惨な処刑の場面を描いた画面には、天才でいながら無頼漢、エキセントリックな画家カラヴァッジョの自画像が描かれています。



ローマ サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会

この3部作の中で、私が一番好きなのが『聖マタイと天使』。緊迫した空気に包まれたカラヴァッジョの宗教画の中では、比較的穏やかな場面。ふんわりと舞い降りる天使の姿で、福音書を執筆するマタイの奇蹟をロマンティックに表現しています。

この『聖マタイと天使』、実は前作が教会の不評をかったために描き直ししたといういわくのある第2作目の絵。その前作は現存しないのですが、写真で見る限り不評を買ったのも判らぬでもない。でもこちらのほうがカラヴァッジョらしい、とも感じる絵でした。



カラヴァッジョの聖マタイ3部作で知られるこの教会、ローマでカラヴァッジョを巡るならまずここから始めたい場所。他にもドメニキーノの『聖チェチリアの生涯』、フランチェスコ・バッサーノによる主祭壇の『聖母被昇天』なども見逃せないところです。



↓ ポチっとクリックお願いします猫



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ人気ブログランキングへ





イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNAイタリアンジュエリーとイタリア雑貨のセレクトショップBELLADONNA

コメント
forchettaさん、今回もローマにいらっしゃるのですね!
5月のイタリアは爽やかで、きっと素敵な滞在ができることと思います。
また帰国後のブログを楽しみに待っております。
(私も刺激されてウズウズしてきましたョ〜)
どうか晴天に恵まれますように!お気をつけて。
Buon Viaggio(^^)/~~
  • Ayumi
  • 2009/04/29 11:42 PM
Ayumiさん、こんばんは。
ここしばらく旅の準備やら雑用に追われ、コメント参加できずにいました。
でも記事はちゃんと読ませていただきましたよ。
ローマでは訪ねたいところがいっぱいあるので参考にさせていただきますね。

ババ様、本当におっしゃるとおり。
聖マタイはきっと彼ですよね。だってカラヴァッジョですもの!
そのTVも面白そうですね〜。正面中央の髭をたくわえた男性という説も、完全に否定されているわけではないのですよね?
でも彼の絵にはすごく惹きつけられる一方で、観ていると胸がきゅっと苦しく感じます。彼の絵の醸し出す緊迫感に負けてるのかもしれませんね。
また、先日『消えたカラヴァッジョ』という本を読みまして、ちょっとカラヴァッジョ病にかかっている今日この頃です(^^)
  • Ayumi
  • 2009/04/27 10:19 PM
うんうん。このカラバッジョの絵はすごかったですよね.
Ayumiさんは「聖マタイと天使」が好きなのね.
私はやっぱり「聖マタイのお召し」が好き。
先日テレビで このカラバッジョの絵について、どの人が聖マタイか?をやっていましたが、何も知らなくて見た私は、素直に、お金を数えている若者と思ってみてました。
それに、この窓からの光の差し込み具合にも目がいきました。

  • りゅう家のジジ&ババ
  • 2009/04/27 6:11 PM
コメントする








   


LOGO_GATTOELUNAの.jpg

2015年10月、大阪府豊中市ロマンチック街道沿
大阪府豊中市向丘3-11-49に
イタリアンカフェ&セレクトショップ
   Nostalgia dell'Italia
      (ノスタルジア・デッリタリア)
をオープン致しました。
イタリア輸入雑貨やジュエリー、絵本等の他にも
イタリアンカフェ&ランチをご用意致します。
是非お立ち寄り下さいませ。イタリア文庫併設♪

イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNA
オンラインショップBELLADONNAでも、皆様のご来店をお待ち申し上げております♪

AVANTI.JPG
イタリアで暮らすように旅したいを実現。
好奇心いっぱいのイタリア生活を綴ります。

LOVE ITALIAN
イタリアで暮らしたい!を実現しませんか?
ボローニャ滞在&語学レッスンご紹介


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode