ルーベンス〜栄光のアントワープ工房と原点のイタリア

前回の『クラコレ』鑑賞後、東京駅から渋谷へやってきました。

ここでのお目当ては、ルーベンス!ちょっと駆け足でしたが、西洋古典を堪

能してきました。



『ルーベンス〜栄光のアントワープ工房と原点のイタリア』

 会期2013年3月9日〜4月21日 Bunkamura ザ・ミュージアム




ルーベンス〜栄光のアントワープ工房と原点のイタリア



いわずと知れたフランドルの巨匠、ペーテル・パウル・ルーベンスの作品と

アントワープ工房で作られた作品、そして彼に学んだ弟子達の作品が飾られ

ています。



ルーベンス『毛皮をまとった婦人像』

ヴェネツィア派、とりわけティツィアーノの影響を強く受けたルーベンス。

こちらはティツィアーノ『毛皮をまとった婦人像』の模写ですが、ルーベン

スは彼の画法だけでなく、有力なパトロンを多く持ち、工房で多数の作品を

生み出した、ティツィアーノ流経営法も、学んだようです。



ルーベンス『ヘクトルを打ち倒すアキレス』

ルーベンスらしい豪華な一枚、『ヘクトルを打ち倒すアキレス』。

バロック絵画といえば、光と影の強いコントラストが特徴で、どちらかとい

うと暗い絵が多いのですが、ルーベンスの場合はあくまで明るさ重視。その

華やかさはピカイチです。



アントーン・ヴァン・ダイク『悔悛のマグダラのマリア』

ルーベンスも好きですが、もっと好きなのがアントーン・ヴァン・ダイク。

ルーベンス工房の出世頭です。彼の描く気品溢れる肖像画を観ていると、優

雅な気分になれますが、この『悔悛のマグダラのマリア』の瑞々しさ、上品

さも格別ですね。



ルーベンス版画『キリスト降架』

圧巻なのは、ルーベンス監督の下で作られた版画。その緻密さ、精巧さには

感嘆するばかりです。こちらはアントワープ大聖堂にある、ルーベンスの代

表作『キリスト降架』の版画。いつか実際にこの絵を観るのが、私の美術探

求の夢の一つです。



ポチっとクリック頂けると嬉しいです!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へblogram投票ボタン



ショップは毎日元気に営業中。ご来店お待ちしておりまーす♪

イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNA

奇跡のクラーク・コレクション〜THE CLARK

さて、東京美術館巡りの始まりです。

東京駅に到着し、まず向かったのは、三菱一号館美術館で開催中の美術展。



『奇跡のクラーク・コレクション〜THE CLARK』

 会期 2013年2月9日〜5月26日 




良品揃いと聞いてきたので、これは楽しみ。副題に“ルノワールとフラン

ス絵画の傑作”とあるように、印象派がメインの展覧会です。



奇跡のクラーク・コレクション〜THE CLARK

とても近代的で快適な美術館内部。

まず始まりはコローの絵から、『ボッロメーオ諸島の浴女たち』。

木や水、大気の香りが静かに漂ってきそうな、空気感のある上品な絵画。



ルノワールの風景画から、イタリアの風景が2作品。

『ヴェネツィア、総督館』、私の目には、ヴェネツィアが彼の描いた様に

ふんわりした風景に写ったことはなく、新鮮。以前ビュッフェが描いたヴェ

ネツィアを観た時も思いましたが、人によってこれほど印象が違うのかと。

面白いですね。ナポリの風景は、夕刻の活気が感じられる楽しい作品。



奇跡のクラーク・コレクション〜THE CLARK

モネの『ジヴェルニーの春』。グリーンとピンクのパステルカラーが絶妙に

自然を彩り、温かみ溢れる色彩に春が待ち遠しくなります。



カミーユ・ピサロの『ルーアンの港、材木の荷下ろし』は、黄金に輝く

陽光の美しさを、細やかに点描した緻密な作品。本当に美しい!



そして、今回一番のお気に入りは...



奇跡のクラーク・コレクション〜THE CLARK

ルノワールの『タマネギ』です。これほど優しく愛らしく、タマネギを描

いた絵は初めて観ました。家に飾るならこれかな?



私のお気に入りのイタリア人画家、ジョヴァンニ・ボルディーニの小さな

作品も2点あり、ご機嫌。ボルディーニの描く、優美で小粋な女性像に久

しぶりに出会えました。



奇跡のクラーク・コレクション〜THE CLARK

そしてこちらはイギリス人画家、ジェームズ・ティソの『菊』。

圧倒されるような菊の花と女性の構図が、大胆で印象的な作品。カメラを

向けられ、ふと顔をあげたような、若い女性の自然な表情が美しいですね。



印象派の絵には、あまり食指が動かないのですが、今回で少し開眼。

この上質なコレクションを収集したのは、アメリカのクラーク夫妻。祖父

はミシンで有名なシンガー社の共同経営者だそう。私も聞いたことがある

シンガーミシン!昔実家にあったのはシンガーだったか、いや蛇の目ミシ

ンだったのかな?



印象に残った作品は書ききれないほどあり、美術展を選ぶに辺り、アドヴァ

イス頂いたとおり、良品がいっぱい!の『クラコレ』でした。





ポチっとクリック頂けると嬉しいです!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へblogram投票ボタン



ショップは毎日元気に営業中。ご来店お待ちしておりまーす♪

イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNA

ドットに夢中!〜水玉の女王『草間彌生』展

最近、ドット柄に夢中です。

きっかけは、水玉模様の服を買って着てみたら、『すごく似合うよ』、

と言ってくれたというなんとも単純なこと。それからは水玉が気になって、

ワンピースにブラウス、小物、食器まで水玉に。すっかり私のハッピーア

イテムになっています。



そして、水玉といえば『草間彌生』。

水玉の女王の彼女の展覧会が、現在大阪の国立国際美術館で開催中です。

会期 平成24年1月7日〜4月8日



国立国際美術館『草間彌生展』

2010年、フィレンツェ・ウフィッツィ美術館の自画像コレクションに加え

られたことで、草間彌生のことを知るようになりましたが、実際にその作

品にふれたことがなかったので、今回の展覧会を楽しみに行って来ました。



国立国際美術館『草間彌生展』

入り口には、ドットモチーフのオブジェが。

今日は水玉のワンピースで出かけ、気分を盛り上げたのですが、やっぱり

会場の中は水玉率高し!



国立国際美術館『草間彌生展』

館内は一部写真撮影がOK。

この水玉カボチャ、どっしり感といい、ビビッドなカラーといい、リズミ

カルなドット柄といい、明るさ満点。



国立国際美術館『草間彌生展』

水玉で埋めつくされた部屋に水玉模様のチューリップ。不思議ぃな気分。

草間氏の彫刻作品、とても気に入りました。絵画にはあまり心動かされな

かったのですが、その創作への執着心には恐れ入りました。





クリック頂けると嬉しいです、Grazie!!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へblogram投票ボタン



ごゆっくりお買い物をお楽しみ下さいませ♪

イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNA

『ザ・コレクション・ヴィンタートゥール』兵庫県立美術館

急に気温が下がった今日、冷たい浜風を浴びつつ神戸に行ってまいりました。



『ザ・コレクション・ヴィンタートゥール』兵庫県立美術館

会期 2010年10月21日〜2010年12月26日



ヴィンタートゥール美術館、今回初めて知ったスイスの小都市にある、この美術館が誇るコレクションが、神戸にやってきました。西洋近現代の絵画を集めたこの美術館からの作品全てが、日本初公開という貴重な美術展です。



『朝日を浴びるモレ教会』アルフレッド・シスレー

第1章、ドラクロワから印象派まで。

私はこの時代の絵画には通じていないけれど、やはり名前を聞けばおっと思う画家ばかり。まずは印象派から、ドラクロワ、カミーユ・コロー、モネ。この辺りの絵はあまりピンときませんでしたが、フライヤーを観て楽しみにしていたアルフレッド・シスレー『朝日を浴びるモレ教会』は見事でした。抜けるような青空、朝日を浴びて輝く教会のあたたかい姿、その絶妙な構図。久々に自室に飾りたくなった一枚。



ポール・ゴーギャン『3頭の雄牛』

第2章、印象派以降の時代。

ここでは、ポール・ゴーギャン『3頭の雄牛』が印象に残ります。

彼の絵を観るといつも思うのですが、いまにも土や花、緑の香りが漂ってくるようです。この絵も燃え立つようにうごめく緑濃い木々が美しく、牛のいるのんびりとした私の憧れる風景です。



そして、フライヤーのフィンセント・ファン・ゴッホ『郵便配達人ジョゼフ・ルーラン』。この描写、この色彩感覚。今更ですが、やはりゴッホは只者ではない。ポスターにふさわしく簡潔かつ大胆な作品。



第3章、ドイツとスイスの近代絵画。

昔展覧会でまとめて観たことのあるスイスの国民的画家アルベール・アンカーの『コーヒーとコニャック』の静物画が美しい。すっきりとまとまったその写実的な作品には、彼の持つ品が如実に現れ、キリっと輝いていました。



第4章、ナビ派から20世紀へ。

モーリス・ドニ『エヴァ・ムリエの肖像』は、暗い色調ながらもどことなく温かみを感じます。モデルの彼女のどことなく日本人的な顔立ちと、品良く構える佇まいが親しみを感じる絵。



モーリス・ユトリロ『ポントワーズのノートル・ダム教会』

そして、モーリス・ユトリロ『ポントワーズのノートル・ダム教会』

元々好きな彼の作品の中でも、今回の絵は特に好きです。平凡な風景の中に、陰と陽が混じり合い、美しいとも悲しいとも感じさせるその非凡な表現力は見事の一言。



フェリックス・ヴァロットン『浴女のいる風景』

今回初めて観る画家、フェリックス・ヴァロットンの『浴女のいる風景』。彼はスイスの画家でナビ派の一員だそうですが、その独特な表現はかなり面白い。彼の手法を“即物的”という言葉で表現していたのが印象的でしたが、感覚的に妙に納得した一言でした。色使いが美しく、上手く言えませんが、質感というよりも、そのものの存在を強く押し出した絵に、かなり惹かれました。



アンリ・ルソー『赤ん坊へのお祝い』

そして、展覧会は20世紀の表現主義やキュビズムへと続きます。

アンリ・ルソー『赤ん坊へのお祝い』。インパクト大のこの赤ん坊!描いたルソーはたいした画家です。



スイスの小さな町の美術館からやってきたこれら作品たち。なかなか今後お目にかかれそうにありませんから、この貴重な機会に訪れることができて幸いでした。





応援いただけると更に幸せ!ポチっとお願いしまーす。



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ人気ブログランキングへ





イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNAイタリアンジュエリーとイタリア雑貨のセレクトショップBELLADONNA

徳島へ!美術&美食旅

鳴門の海



久しぶりに連休が取れたので、1泊二日で四国は徳島県へ行ってまいりました。海辺のホテルに泊まり、まさに鯛や平目の舞い踊りといった海の幸を堪能し、目覚めた瞬間に見た朝日の美しさはまた格別で。ゆっくりと命の洗濯ができました。今回は携帯カメラで撮った写真でご紹介を。



淡路サービスエリアの観覧車

大阪に住む私には、徳島は丁度良い距離のドライブ旅行。半貸切状態の山陽自動車道を快適に走り、雄大な明石大橋を渡ります。スカっと秋晴れ!絶好の旅行日和です。橋を望む淡路島のサービスエリアでしばし休憩を。我が島よ、今回も素通りでごめん。



徳島といえば阿波踊り。というわけで阿波踊りを紹介するスポットを訪れましたが、お土産屋さんが大半を占め、“踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らなそんそん”というとおり、阿波踊りはやっぱり踊ってなんぼなので、早々に立ち去りました。



徳島県立博物館〜藍染

そしてもう一つの徳島の名産といえば、“藍”

丁度、徳島県立博物館で【藍染めの表象】という企画展を行っていたので、行ってみました。博物館のある文化の森は、美術館や文書館、図書館などを併設したとても立派な公園施設です。



徳島県立博物館〜恐竜

藍についてはまた別にご紹介するとして、博物館が充実していて面白かった!大きな恐竜の骨やアンモナイトの化石を前に、思わず童心にかえりました。見て、触って、楽しみながら徳島の自然や歴史を知ることができる良い博物館でした。



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ人気ブログランキングへ





イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNAイタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ

| 1/6PAGES | >>


LOGO_GATTOELUNAの.jpg

2015年10月、大阪府豊中市ロマンチック街道沿
大阪府豊中市向丘3-11-49に
イタリアンカフェ&セレクトショップ
   Nostalgia dell'Italia
      (ノスタルジア・デッリタリア)
をオープン致しました。
イタリア輸入雑貨やジュエリー、絵本等の他にも
イタリアンカフェ&ランチをご用意致します。
是非お立ち寄り下さいませ。イタリア文庫併設♪

イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNA
オンラインショップBELLADONNAでも、皆様のご来店をお待ち申し上げております♪

AVANTI.JPG
イタリアで暮らすように旅したいを実現。
好奇心いっぱいのイタリア生活を綴ります。

LOVE ITALIAN
イタリアで暮らしたい!を実現しませんか?
ボローニャ滞在&語学レッスンご紹介


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode