美食の町ボローニャで美食する♪

美食の町ボローニャから、美味しい画像を。



  ボローニャ郊外にあるトラットリア

  Vecchia Trattoria di Monte Adone

    住所 Via Cas 4 A  Tel : 0516775126  Fax : 0516775126



実はここ、今年の5月にお連れ頂いた山小屋風の落ち着いた雰囲気のトラットリア。

なんともイタリアらしい豪快なお料理が楽しめて、お味も二重丸◎!



Vecchia Trattoria di Monte Adone(BOLOGNA)



先日8月15日は、イタリアでFerragosto(聖母被昇天の祝日)。

その日はPranzoランチが250名、Cenaディナーが150名もの食事客だったとか。

かなりの人気店。すごい!

先日届いた画像+私が頂いたお料理をまぜてご紹介。

お腹がすいている方はご注意を!!



Vecchia Trattoria di Monte Adone

前菜の盛り合わせ − Antipasto Misto

これはお店によって自分で好きなものを取れるところもあって、ついつい欲張ってしまう。

イタリアでは、シンプルにグリルしただけのお野菜がこれまた美味。



Vecchia Trattoria di Monte Adone

トマトソースのタリオリーニ、かな?

そういえば、ボローニャ名物スパゲッティ・ボロニェーゼを食べてない。次回は是非。



Vecchia Trattoria di Monte Adone

ラザニア − Lasagne

大大好物です、ハイ。でも家では手間なのでめ〜ったにしません。



Vecchia Trattoria di Monte Adone

Pappardelle al Cinghiale − いのしし肉のパッパルデッレ

ジビエ大好きの私にはたまらない。チンギアーレと聞いただけで飛びつきました。

これまた野生的なチンギアーレで、量も私のが一等多い!?

お腹いっぱいにゃ〜猫



Vecchia Trattoria di Monte Adone

アスパラガスのリゾット − Risotto agli Asparagi

これは奥様の。もちろん味見させてもらって...アスパラの味が濃い!

イタリアではお野菜はかなり煮込むのね。



Vecchia Trattoria di Monte Adone

Tortellini ai Fungi − きのこのトルテッリーニ

こちらはご主人のお皿。こちらもちゃっかり味見、Buono〜〜

やっぱりボローニャきたらトルテリーニだわ。



ここで、付け合せ。。。

Patate al Forno(ポテトのオーブン焼き)Insalata Mista(ミックスサラダ)

それではメインへ〜〜



Vecchia Trattoria di Monte Adone

Gliglia − 豚肉のグリル

あっぱれ、豪快!!ボローニャでは豚肉を良く食べるとか。

ソーセージが美味♪お腹はもう破裂寸前!!



Vecchia Trattoria di Monte Adone

Bistecca alla Fiorentina − フィレンツェ風ステーキ

こちらはトスカーナ名物ビステッカ。これも美味しそ〜

さぁ、ここからは別腹。ドルチェ登場。



Vecchia Trattoria di Monte Adone

Zuppa Inglese − ズッパ・イングレーゼ

イギリス風スープ(?)という名前が気になったので頼んで頂きました。

カスタードとコーヒー味のクリーム、リキュールが効いたスポンジが絶妙なハーモニー。

でも結局、どうしてイングレーゼなのかは解らず...



Vecchia Trattoria di Monte Adone

Crema Caramel − プリン

定番ドルチェ、でもお店ごとに味が違って楽しいのよねん。



ここでCaffe`はいりま〜すホットコーヒー

そして締めはやっぱりこれ!



Vecchia Trattoria di Monte Adone

Grappa − グラッパ

2種類の味を飲み比べ。

私はふくよかなお味の琥珀色のグラッパが気に入りました。



あぁ、もう水一滴もはいりましぇん...sono pienaプシュー

ごちそうさま〜〜猫

イタリア旅日記・5月の記憶

先月ようやく昨年12月の旅日記を完成させて、しばらく休憩していましたが、再び今年5月の旅日記を書き始めました。

これを機に、TOPページのデザインを、HP開設以来初めて変えてみました。

前アドレスの時から4年近く、季節かまわず、ず〜っと同じアジサイを携えた黒猫でしたが、

ちょっと気分を変えて... ↓



IL GATTO NEROのイタリア



背景は以前と同じくピンクにし、違和感のないようにしましたが、いかがでしょうか。



2008年5月 ローマの風景〜Ottocento

5月のイタリアはまだ記憶も新しく、当ブログでも訪れた町や展覧会の様子を少しご紹介していますので、テンポよく更新していきたいです。



今回は一人旅も2度目、そして実質4日間の短い滞在ということもあり、朝から晩までフル活動。濃い〜〜4日間を過ごしました。



2008年5月 ローマの風景〜クイリナーレの丘

そして5月という時期。

気温は結構高い、でもとても爽やか。

なにより陽が長く、夜9時前までは明るいので、一人で歩いていても危ないと思うことはありませんでした。前々回、4月に訪れたときはフィレンツェであまりの蒸し暑さに閉口しましたが、今年の5月はとても過ごしやすかった。でも私が帰国後まもなく、悪天候が続き記録的な豪雨まで起こったというから、ラッキーだったのかも。

たくさん撮った写真をみかえすと、これでもかというくらい快晴。

緑も鮮やかに、石造りの教会もまぶしいくらいに輝いています。



2008年5月 ローマ〜サン・カルロ・アッレ・クァットロ・フォンターネ教会

でも、個人的に好きな季節は、冬。

キリっと身の引き締まる寒さの中、シンシンと冷たさが伝わる石畳の上を歩いていると、

イタリアにいるのだなぁとしみじみ思う。

あぁ、すでにイタリア恋しの毎日。。。そろそろ次の計画をたてる時期がきたかな。

イタリアへ!帰国後...

イタリアより無事帰国しました!



サンタンドレア・アル・クイリナーレ教会



今回はローマ・テルミニ駅近くのホテルに泊まり、朝6時にホテルを出発、テルミニ駅発フィウミチーノ空港への列車レオナルド・エクスプレスに乗って空港へ向かいました。今回の旅でこのホテル〜テルミニ駅の数百mがなんとなく不安だったので空港までタクシーにするか迷ったのですが、この時期6時だとかなり明るく、駅近辺も夜のような怪しい雰囲気はなかったので一安心です。



前日に購入しておいた切符でBinario24から出発、約30分ほどで空港に到着です。

早速チェックインカウンターへ。いつもこの瞬間がドキドキするのですが、今回は悪いことに大当たり!!スーツケースが29.1kgで重量オーバー...

とても親切な受付のお姉さんが気の毒そうにチケットコーナーでオーバー分を支払ってきてと言い、付け加えるように「25kgまでならOKなんだけど...そこにバッグが売っているわよ」っと。幸い手荷物に大きなバッグを持っていたので、軽い物と入れ替えて再チャレンジ。今度はOKでした〜



その代わり、このバッグが岩のような重さに汗

機内で収納する時に持ち上げられず、アリタリアのアテンダントが助けてくれたのですが、吉本新喜劇ばりにひっくりかえりそうになりながら『Mamma mia!!』っと驚いてました。私もかなり筋肉付いたかも♪とにかく移動の度に苦労しましたが、こうやって持ち帰った品々は一層愛着がわきますね〜



また今回は陽が長いこともあって、朝は7:00から夜は21:00頃までフル活動。なので、現地ブログも前回にようにゆっくりと書くことはできませんでしたが(半分寝ながら送信していたことも)、後からじっくり思い返して書く旅日記とはまた違って、その日受けた生の感動を残すことができるので自分にとって良い思い出、そして記録になりました。

今回もたくさんの思い出と重た〜い本をたくさん持ち帰ったので、しばらくは楽しめそう。

またコツコツと頑張っていきたいと思いますので、どうぞお付合いくださいませ猫



フィレンツェ・ミケランジェロ広場の黒猫



イタリアへ!ローマを歩く



最終日の今日は、一日ローマ散策です。訪れるコースを綿密に考えてきたけれど、結局気の向くままに歩いてみることにしました。

サンタ フ゜ラッセーデ教会では素晴らしいモザイクに見とれ、V.エマヌエーレ2世記念堂から望むフォロロマーノの眺めに、今私はローマにいるんだ!と実感。

また今回は未訪の教会を主に回ったのですが、さすがローマ、どの教会も豪華で見事な美術品であふれています。

面白いのは前回アレッツォでも観たアンドレア ポッツォの騙し絵のクーポラ。サンティニャツィオ教会にあります。

またいくつかの教会でパイプオルガンの演奏が行われていたのですが、最後に訪れたアンジェリ教会はとても迫力があり演奏もかなり情熱的。思わず動画で撮影。

後はナウ゛ォーナ広場でのんびり過ごし、ジェラートを食べたり。ちなみにマンダリーノとピスタッキオ味♪

そしてバルベリーニ宮でフィニート!

ここで憧れの女性に出会えました。それはピエロ ディ コジモが描いた『読書をするマッダレーナ』。知的に描かれたマッダレーナ、思っていた通り美しいひとでした。



今回は全て歩いて回ってみたのですが、いったい何キロ歩いたんだろ。健脚の私もさすがに疲れました〜



あっという間の4日間、でもとっても内容の濃い滞在ができたように思います。。行けば行くほど興味の深まるイタリア。速く戻って来れることを願っています!



イタリアへ!フィレンツェの丘で



今日はボローニャを発ってフィレンツェに立ち寄りローマへ。

フィレンツェのノウ゛ェッラ駅でスーツケースを預け、初めてサン ミニアート アル モンテ教会へ行ってきました。行きはバスで帰りは歩いて丘を下り、丁度いいお散歩。ロマネスク様式の教会はとても愛らしく、またここからの眺めは最高!念願かなって大満足です♪

今回の観光はここだけ、後は買付に奔走。そして昼食はフィレンツェのBabboと市場近くのトラットリアへ。先日訪れたというエルバ島の話など聞かせてもらいながらの楽しいランチ。あっという間でしたがフィレンツェでの目的は達成。



そしていざローマへ!

17時過ぎの到着でしたがそれからトレウ゛ィの泉の辺りに行ってきました。やはり再訪を願ってここは外せない。。。でも観光客でいっぱいでなかなか泉の前に近付けな〜い!さすがローマ、全てのスケールが大きくて圧倒されます。

夕食はピッツェリアでピッツァマルゲリータを。もちろんBuona!やっぱりピッツァにはビールですね!



順調過ぎて怖いくらいですが、早くも明日は最終日なんですね〜。何事もなく楽しく過ごせますように。。。Buona notte☆



| 1/2PAGES | >>


LOGO_GATTOELUNAの.jpg

2015年10月、大阪府豊中市ロマンチック街道沿
大阪府豊中市向丘3-11-49に
イタリアンカフェ&セレクトショップ
   Nostalgia dell'Italia
      (ノスタルジア・デッリタリア)
をオープン致しました。
イタリア輸入雑貨やジュエリー、絵本等の他にも
イタリアンカフェ&ランチをご用意致します。
是非お立ち寄り下さいませ。イタリア文庫併設♪

イタリアンジュエリーとイタリア雑貨のオンラインショップ イタリアンセレクトショップBELLADONNA
オンラインショップBELLADONNAでも、皆様のご来店をお待ち申し上げております♪

AVANTI.JPG
イタリアで暮らすように旅したいを実現。
好奇心いっぱいのイタリア生活を綴ります。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode